no kidding?

<< カレーにレーズンが入ってるのは嫌いだってKが言ってたぞ | main | 血の水曜日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
どうか無意味なものにならないで
恋愛スピリッツ
恋愛スピリッツ
 
 チャットモンチー「恋愛スピリッツ」
 
 
 歌詞の内容をよーく咀嚼すると、もうほんとうにだから何?というほどにシンプルで、
 だのにこの声は何でそんなにも悲痛に切実にこの歌詞を歌い上げているのか
 そして聴いてるこちらまで悲痛で切実な思いをさせられるのか
 
 ラジオで不意に流れてくるとビクッとしてしまう この感じ
 
 この感じは
 
 くるりの「東京」を偶然ラジオで初めて聴いたときのそれに酷似
 
 
 (安直に引き合いに出して申し訳ないです)
 
 
 サウンド・プロデュース担当のいしわたり淳治氏のブログを
 ttp://blog.eplus.co.jp/kihon/2006-04-12
 ttp://blog.eplus.co.jp/kihon/2006-06-05
 こんなような順に読むと ちょっとひしひし感じ入るものがあります
 
 
 2000年代も6年目の半ばを過ぎて そろそろこれは
 「00年代は邦楽の暗黒時代であった」と後世の人に評されてしまうんじゃあないかなあ などと勝手にぼんやり考えたりもする昨今です
 それともこれがアベレージであって90年代が過剰に幸せすぎたのですか? と訊きたくなったりもしながら(誰に)
 余生を送ってる感覚にしばしば陥るのです
 ミュージシャンの方々みなさん今この瞬間にもがんばっているのにごめんなさい
 
 そんな中で物凄く久々に“あの感じ”に出会えて嬉しいな という日記です
 
 
 それにしても淳治くんのブログ面白いです 賢太郎さん(小林)とお知り合いなのですねーとか意外な点と点が線になる驚きと喜びもありつつ
 言葉を大事になさるかたのブログは大好きです
 
 知り合いでもないのに淳治くんとか呼んでしまっている挙句それをワールドワイドウェブにこうして発信してしまうのがブログの怖いところです
 SUPERCARは始まりから終わりまで見たバンドのひとつだから 思い入れがとても深いのです
 
 
 始まりから終わりまで見てしまったバンドが幾つもあるのがさみしいです
 なんで終わってしまうのかな
 
| music | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:51 | - | - |









http://nokidding.jugem.cc/trackback/45




NOW and PAST
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
S、P&Y Sound、Pew&Young
S、P&Y Sound、Pew&Young (JUGEMレビュー »)
デキシード・ザ・エモンズ
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
ARCHIVES

NOW PLAYING


BLOG PEOPLE
OTHERS